はまぷろってなに?

HAMA projectは、〈学生・若手演奏家が中心となったオペラ作り〉と〈小さな劇場ならではの舞台表現〉を理念として2017年秋に始動したオペラ企画です。海と陸の境界である「濱」のように様々な要素が豊かに溶けあう場所を目指して、指揮者濱本広洋より1文字をとってHAMA projectとしました。愛称は『はまぷろ』です。
我々は春にフルオーケストラ伴奏で本格的なオペラを作りこむ《本公演》を、秋に小編成のオーケストラでオペラの可能性を模索する企画《はまぷろGiocoso》を行い、毎年二回、公演ごとに参加者を募ります。毎回さまざまな参加者が集うことで多様なカルチャーが溶け合い、豊かで新しい芸術を作り出すことを目指しています。
現在、東京大学、東京女子大学、早稲田大学、東京音大、東京藝大、桐朋音大の在学生や出身若手演奏家など、様々な演奏者・表現者が集まっています。

 

主要メンバー

中 梓/代表

3歳よりヴァイオリンを始め、9歳で児童合唱団に所属、12歳よりヴィオラを増田まい氏に師事。現在東京女子大学にてベルクソンを中心に認識論、身体論の研究を行う。ティアラこうとうジュニアオーケストラ卒業生、東京大学フィルハーモニー管弦楽団元ヴィオラ首席奏者、東京大学歌劇団第47回公演歌劇「カルメン」公演総監督、同公演コンサートミストレス。思い付きで行動することに定評があり、新しいオペラ企画を作ろうと思い立ってからわずか数週間でHAMA projectを立ち上げた。

 

本 広洋/指揮 

東京音楽大学音楽学部でトロンボーンと指揮を専攻。トロンボーンを金沢茂、伊藤清、指揮法を時任康文、汐澤安彦、広上淳一の各氏に師事。これまでに、モーツァルト「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」、ロッシーニ「絹のはしご」、ドニゼッティ「愛の妙薬」、メノッティ「泥棒とオールドミス」、プッチーニ「蝶々夫人」、ビゼー「カルメン」、チマローザ「秘密の結婚」を指揮。2010 年より劇団四季の指揮者として「オペラ座の怪人」などを指揮。2010 年より東京オペラプロデュース副指揮者、2015 年より新国立劇場主催オペラ公演副指揮者。

 

野 良祐/演出

横浜市出身。幼少期から音楽に親しみ、ピアノを増谷澄香、松井玲央、チェロを森澤泰の各氏に師事。音楽漬けの中高時代を経て、東京大学工学部建築学科卒業、同大学院工学系研究科在籍。西洋建築史研究室にて、明治期の日本における建築学形成プロセスや建築訳語・語彙の変遷等を研究。その他、松岡正剛主宰近畿大学新図書館プロジェクトメンバー、鈴木寛主宰「すずかんゼミ」芸術アシスタントなど。これまでに、《椿姫》《フィガロの結婚》などを演出。

 

はまコレとは

HAMA Collection(はまコレクション)略して’はまコレ’は、現在はまぷろで活動するメンバーやこれまで参加したメンバーについて紹介するページです。

はまぷろは、プロアマ問わず芸術の分野で活躍する若い表現者がさらなる活動の場を広げられるように応援するプロジェクトでもあります。
気になる表現者がいらっしゃっいましたら、ぜひ自己紹介ページをSNS等でシェアしてください!